お知らせ

花粉症の季節です

花粉症の方は、コンタクトレンズを付けられない、メガネとマスクの両方を付けるとメガネが曇る、など悩むこともあると思います。
そうした悩みを解消する手段の一つとしてオルソケラトロジーがあります。夜寝ている間に特殊コンタクトレンズを付け、昼間は裸眼で過ごせる近視矯正治療です。
お気軽にご相談ください。

2020年03月04日

医療費控除について

オルソケラトロジー治療は、近視などの角膜の屈折異常を特殊なコンタクトレンズを装用することにより視力を回復させるものです。それに係る費用は、医師の診療又は治療の対価と認められますので、医療費控除の対象となります。

眼鏡やコンタクトレンズなど日常生活の必要性に基づき購入されるものは、視力を回復させる治療の対価ではないので、医療費控除の対象とはなりません。
しかし、白内障など手術後の機能回復のため短期間装用するものや、幼児の未発達視力を向上させるための眼鏡などで医師の指示で装用するものは、医療費控除の対象となります。

詳しくは国税庁のホームページ等でご確認ください。

2020年03月04日

オルソケラトロジーを始めました

オルソケラトロジーは、新しい近視矯正治療です。専用コンタクトレンズをつけて就寝中に視力を矯正し、日中は裸眼で過ごせます。詳しくはオルソケラトロジーのページをご覧ください。ご相談は無料です。お気軽にお越しください。

2019年10月13日

新しい機器を導入しました③

自動視野計 オクトパス900
視野検査は緑内障などの視神経疾患の評価に欠かせません。
平成30年7月から視覚の障害者認定基準が改正されました。本機は新基準に必要な両眼開放エスターマンテストが可能で、視野障害者認定の等級判定を行えます。

2019年07月18日

新しい機器を導入しました②

スポットビジョンスクリーナー AU-VS100S
屈折度数を測定する携帯型の機器です。これまで検査が困難だった乳幼児でも短時間で測定できるため、弱視の早期発見に有用です。携帯型なので、往診でも利用できます。

2019年07月18日

新しい機器を導入しました①

オートレフトポグラファー RT-7000
これまでの近視・遠視・乱視度数の測定に加え、角膜の形状を解析できる機器です。円錐角膜や角膜不正乱視などを視覚的に評価でき、手術前検査やコンタクトレンズ処方などへの応用が可能です。

2019年07月18日

ホームページアドレスについて

当院ホームページを安全性の高いものに変更しています。
https://endoganka.net/
ブラウザの上部に「安全ではありません」と表示される場合は、古いアドレスとなっていますので、上記アドレスをブックマークして頂きますようお願いいたします。🔒マークが表示されます。

2019年04月20日

キッズコーナーができました

待合室にキッズコーナーができました。当院スタッフが素敵な2色を選んでくれました。目にも心にも優しい色です。

2019年04月15日

眼科ドックを始めました

視覚障害の原因となる病気の中には、初期は無症状で、知らない間に進行するものがあります。早期発見と治療が大切です。眼科ドックのご予約は不要です。お気軽にお越しください。

2019年02月01日

はやり目の検査が新しくなりました

はやり目はアデノウィルスに感染して起こる結膜炎です。これまでの検査は、まぶたの裏を綿棒でこすって検体を採取する必要があったため、痛みを伴いました。今回導入した検査は、まぶたの裏に試験紙を5~10秒ほど当てるだけで、痛みはほとんどありません。採取した検体は専用の測定器にかけ、15分ほどで自動測定を行います。測定器には感度を増幅させる技術が採用されており、より正確な結果を得られるようになりました。

2018年10月03日

薬の処方様式の変更について

後発医薬品の使用を推進する厚生労働省の方針に基づき、2018年9月より一般名による処方に変更いたしました。これに伴い、窓口でのお支払い額も変わります。ご了承くださいますようお願いいたします。

2018年09月01日

20分でわかるアレルギー検査

スギ花粉を含む代表的な8つの原因物質について検査できるキットを採用しました。指先から微量の血を採り、20分ほどで結果がわかります。痛みも少なく、小さなお子様でも受けていただけます。保険適応で、乳幼児医療の対象です。ぜひご相談ください。

2018年01月01日

ご意見箱を設置しています

当院はご満足いただける医療の提供に努めております。ぜひ皆様のお声をお聞かせください。

2018年01月01日