新しい機器を導入しました①

オートレフトポグラファー RT-7000
これまでの近視・遠視・乱視度数の測定に加え、角膜の形状を解析できる機器です。円錐角膜や角膜不正乱視などを視覚的に評価でき、手術前検査やコンタクトレンズ処方などへの応用が可能です。

2019年07月18日