目の病気

白内障

目のレンズである水晶体が濁る病気です。加齢によって生じますが、糖尿病、アトピー性皮膚炎、外傷などによっても起こります。点眼薬で進行を遅らせることはできますが、濁りをなくすことはできません。進行した白内障に対しては、濁った水晶体を取り除き、眼内レンズを挿入する手術を行います。
当院では、局所麻酔での日帰り手術を行っております。

緑内障

視神経が障害されて視野が狭くなってくる病気です。おもに眼圧が上がることで起こりますが、眼圧が正常であっても進行する緑内障も報告されています。40歳以上の約5%に発症し、初期には自覚症状がなく、未治療の方が多くいます。放っておくと失明につながるため、早期に発見し、適正な眼圧管理を行うことが重要です。
当院では、眼圧測定・自動視野計に加え、OCTで精度の高い診察が可能です。治療は点眼療法が主体ですが、必要に応じてレーザー治療も行っております。当院のレーザー装置は選択的線維柱帯形成術(SLT)に対応しており、目に対する負担の少ない治療が可能です。

糖尿病網膜症

糖尿病の三大合併症の一つで、網膜に出血や浮腫などのさまざまな障害を起こし、失明につながる病気です。自覚症状がなくても進行する場合がありますので、糖尿病と診断されたら、必ず定期的に眼底の検査を受けましょう。

加齢黄斑変性

ものを見た際に、中心部が歪んだり欠けたりして見える病気で、進行すると視力障害を引き起こします。萎縮型には、今のところ残念ながら有効な治療法はありません。滲出型には、光線力学療法や抗VEGF(血管内皮増殖因子)療法により、ある程度治療が可能となりました。当院では、OCTによる検査が可能です。

翼状片

白目の表面にある結膜が、目頭の方から黒目に向かって三角形に伸びてくる病気です。紫外線が関係しているといわれています。充血や異物感が強くなると、点眼治療をおこないます。翼状片が大きくなり、視力に影響してくると手術が必要です。

飛蚊症

目の前に小さな虫が飛んでいるように見える症状です。加齢によって硝子体の一部が濁ったり、内壁から剥がれることで起こります。このような場合は経過観察をします。しかし、網膜裂孔、網膜剥離、硝子体出血、ぶどう膜炎などの重大な病気の場合は、適切な治療が必要です。気になる症状がある方は、眼底の検査を受けましょう。

屈折異常

近視・遠視・乱視の3種類があり、これらが混在することもあります。おもに眼軸長と角膜曲率の影響で生じます。とくに子どもの場合、長時間の読書やゲームなどで、目のピントを合わせる筋肉が緊張したまま戻りにくくなり、一時的な近視になることがあります。この場合、緊張をほぐす点眼や訓練(ワック)で視力が回復することがあります。
近視・遠視・乱視によって見え方に不自由がある場合は、メガネやコンタクトレンズで矯正を行います。矯正しても視力が十分に出ない場合は、他の病気の可能性もあり、さらに詳しく検査をします。

ドライアイ

涙の量や質の異常が原因で、痛みや疲れなどの症状を引きおこす病気です。パソコン・エアコン・コンタクトレンズの「3コン」が関連しているといわれます。治療は点眼薬が主体です。点眼での管理が難しい場合は、涙の出口を塞ぐ治療を行うこともあります。

流行性角結膜炎(はやり目)

アデノウィルスに感染して起こる結膜炎です。充血、目やに、かゆみ、ごろごろ感などが現れます。耳前リンパ節の腫れ、発熱などが起こることもあります。特効薬が無いため、栄養と休養を取り、体力をつけることが大切です。抗菌薬やステロイド点眼薬を使うこともあります。感染力がとても強いので、タオルなどは家族と別にして、入浴も最後にしましょう。また、プールに入らないようにしましょう。

色覚異常

先天色覚異常は遺伝による錐体視物質の異常で、日本人では男性の約5%、女性の約0.2%です。それ以外の、目や脳内の病気などによる色覚障害を後天色覚異常といいます。
色覚異常者は程度に応じた色の世界を持ち、日常生活を不自由なく送ることができると認知されており、職業制限も緩和されてきています。一部の職業では制限がありますので、希望する職種が色識別を必要とするかを調べることが大切です。
色の間違いやすさは、本人が自覚し注意することと、周囲の理解によって多くの場合は解決できます。
当院では、石原色覚検査表に加え、色相配列検査(パネルD15)による検査を行っています。