弱視について

早期発見・治療が重要です

子供の視力は、ピントの合った映像が脳に送られ、脳を刺激することで発達します。3~6歳頃には1.0となり、8歳頃に視機能が完成します。視力の発達が妨げられ、メガネをかけても1.0に届かない状態を「弱視」といいます。治療が早いほど良好な結果を得られやすく、10歳以降では治療効果が低下します。しかし本人にとっては、はっきり見えない状態が当たり前であるため、周りの大人も気付きにくいのが現状です。

弱視の種類

屈折性弱視:両目の強い遠視・近視・乱視でおこります
不同視弱視:左右で屈折度の差が大きいことでおこります
斜視弱視:斜視によっておこります
形態覚遮断弱視:病気・けが・その他の理由で視覚が妨げられておこります

こんな時は早めに眼科受診を

・3歳児健診で「要精密検査」となった
・目つきがおかしい
・よく物にぶつかったり、転んだりする
・テレビに近づいて見る
・頭を傾けたり、横目で見たりする
・黒目の中央が白く見える

検査・診察

①問診
②スポットビジョンスクリーナーで屈折検査
 乳幼児でも短時間で屈折度数を測定できます。
③視力検査
 正確な屈折度を評価するためにサイプレジン点眼で調節力を弱めて検査します。瞳孔が開いた状態が1~2日続くため、保護者の方の見守りが必要です。
④診察
⑤治療方針の相談・決定

治療

形態覚遮断弱視の場合は、視覚を妨げる原因を取り除くことが基本です。それ以外については、まず治療用メガネをかけ、視力の発達を促します。視力が良いほうの目を隠す訓練や、斜視の手術などを必要に応じて追加します。

弱視の治療に使用するメガネは療養費の給付対象です。全額自費でご購入いただいた後、ご加入の健康保険組合に書類を提出することで、国の基準の範囲内で給付されます。
対象年齢は9歳未満で、再給付については5歳未満で前回給付から1年、5歳以上で2年経過以降となります。